須貝りさ バレエスクール | クラス紹介 | 基本クラス
クラスのご紹介

クラスのご紹介

  • 基本クラス
  • 基本クラス
  • 大人クラス
  • ピラティスマットクラス
  • 支部クラス
  • スケジュール

基本クラス

当スクールでは基礎から一人ひとり丁寧に指導いたします。
礼儀や自主性を高める指導方針で個々の個性を活かしたバレエを学びます。
また児童科からは身体の仕組み(骨格や筋肉)を学びます。それにより怪我の防止や自分の身体を知ることができます。その他にも体幹を鍛えるためのエクササイズ、表現力を豊かにするためのキャラクターダンス(各国の民族舞踊)、コンテンポラリーなどを取り入れています。

幼児科2(3歳~年中)

柔軟体操でしなやかな身体をつくり、音楽に合わせて楽しく動きながらリズム感を養います。

幼児科2(3歳~年中)

幼児科1(年長)

バーレッスンを行うことで簡単なバレエのポジションやステップを覚え、正しい姿勢、規律正しい感覚を身につけます。

幼児科1(年長)

★3歳児と5歳児では理解する速さも能力も異なります。
従って、月曜日と土曜日は3歳~年中と年長という2つのクラス設定です。

初等科・児童科(小1~小4)

体・腕・脚の基本的なポジションを身につけ、バレエの初歩を学びます。レッスンを通して集中力・忍耐力も身につきます。

初等科・児童科(小1~小4)

中等科(小5~中1)

バレエの基礎を学び、踊る感覚を養います。団体で踊ることで通じて協調性なども身につきます。

中等科(小5~中1)

高等科・上級科(中学生~)

表現の為のテクニックを身につけながら感受性を養い、美しさへの関心を持ち、個性を活かしたダンサーを目指します。

高等科・上級科(中学生~)

特別クラス

海外留学やコンクールに出てスキルアップしたい、将来はダンサーになりたい、などと考えている生徒対象の特別なクラスです。

特別クラス

Boy’sクラス

大きなジャンプ・回転など男の子の運動能力を活かした動きを取り入れて踊る楽しさを学ぶ男の子だけのクラスです。

Boy'sクラス

ポアントクラス(中等科以上)

バランスの良い身体・筋力・体幹のコントロールなど様々な事を身につけた後、ポアントを履きます。

ポアントクラス(中等科以上)

エクササイズクラス

年齢に応じてダンサーに必要な解剖学から身体の仕組み、骨格・筋肉を知る座学やピラティスの呼吸法、コアトレーニングで怪我のない安定した身体づくりを学びます。またポアントのために必要なエクササイズも行います。

エクササイズクラス

キャラクターダンスクラス

全幕バレエ作品に欠かせない踊りとして海外のバレエ学校では授業として取り入れられています。バレエクラスとは異なる上半身の使い方や音楽性も養い、リズムの感覚も鋭くなります。テクニックだけ訓練するのではなく、心や気持ちを入れて各国のスタイルや特徴を知って踊ること、加えて、それぞれの踊りができた文化・歴史なども勉強しています。

キャラクターダンスクラス

コンテンポラリーダンスクラス

近年、クラシックバレエ以外の動きや表現力がダンサーとして必須になっています。自分や他人の心に起こる感情や感覚、動きをレッスンを通して発見し表現していきます。低学年から表現力や作品に対する発想力を養い、生徒一人ひとりの個性を活かしていくレッスンをしています。

コンテンポラリーダンスクラス